カラコンの耳寄りな情報

度付きカラコンは購入するごとに診察が必要?買い替え時の悩み

まず、コンタクトレンズ及びカラコンは「高度管理医療機器」という扱いになります。誤った使いかたをしてしまうと健康を害するリスクもある医療機器の分類にはなりますが、その使用や管理方法については使用者自身に委ねられているというものです。そして、病気を治療する薬などとは異なり、手に入れるために医師から処方箋をもらう必要はありません。

そのため、度なしはもちろん、度付きのカラコンであっても必ずしも眼科で診察を受けなければ購入できないというものではないのです。法律上何の問題もありませんし、そもそも、正確には医薬品ではないコンタクトレンズに対し、処方箋というものは存在しません。

初めて度付きのカラコンを購入する時、元々ソフトコンタクトレンズを使っていた場合には、ベースカーブや度数を参考に自身の判断のみで買うことができます。買い足す場合にも同様に、眼科医に診てもらう必要はありません。ただ、視力は変動をするものですし、利用を続けているうちに度数が合わなくなることもあるでしょう。また、カラコンを安全に使い続けるためには、定期的に検診を受けて問題が起こっていないか確認をすることが大切です。

買い換えるたびに診察料や検査料を支払わなければならなくなれば確かに負担になります。ですので、毎回必ず眼科に行くという必要はありませんが、クリアな見えかたと目のコンディションを維持するためにも、購入時だけにこだわらずに、3ヶ月に1回程度を目安に検診を受けるようにするのがおすすめです。

昨今では、インターネットなどで誰でも気軽にカラコンを購入できるようになりました。(参考:クイーンアイズ(度ありが激安、送料無料) )自己判断で度数の上げ下げも自在です。しかし、適切な調整ができていないと目が疲れやすくなったり頭痛を引き起こすといった症状も出てきてしまいますので、定期的に問題がないか、度数調整がいるならどの程度必要かといったことを眼科医に確認してもらうのが適切でしょう。

購入したカラコンを持参すればベースカーブや含水率なども含めて、自身に合っているレンズかどうかも調べてもらいます。長期間検診を怠ることがないように気をつけながら利用を続けてください。

基礎知識

レビュー一覧